数日前は強い寒気に覆われて雪が降ったりしましたね。
風も強く気温も下がり、釣りをするには急に厳しいコンディションとなりました。
つかの間穏やかな日もありましたが、金曜日からまた天気が荒れそうです・・


今回は更新遅れましたが前 1/10日朝の釣りの模様

この日も大会の為DUOルアー縛り
↑詳しくは前回の記事ビーチウォーカー ファルクラム アングラーズアプリ DUOヒラメ大会 

自分がサーフヒラメ用に持っているデュオのルアーは

ミノー
 ファルクラム タイドミノースリム140フライヤー ラフトレイルブレイジン

ジグミノー  
 プレスベイト125HD

メタルジグ 
 フリッパー 

バイブレーション
 タイドバイブスコア ビーチウォーカーバイブ


この日は風と波気が少しあってこの中からウェイトのある物を中心に使っていました。
しかしノーバイト
周りも釣れていません。
というかいつもより人が全然いない・・

タイムリミットの7:30間近にフリッパー ツレギスGB ストップ&ゴーでヒット

風下の斜め方向に投げて思ったよりルアーが流されていたので歩きながら巻いている時に喰いました。
マズマズの引きを感じて巻いてくる
最後のランディング直前リアフックに薄い針掛かりを確認
大き目の寄せ波に乗せてくるも上陸できず少し焦りバタつきました(;´Д`)

この様子もインスタグラムに動画で上げてあります。
ぱるます (@palmas_nolli) • Instagram photos and videos

image

 肉厚の49cmでした。



あと正月休みの時にカモメを釣りました。
酉年ゆえでしょうか?
キャストしてルアー着水直後のラインがふわっとしている時にカモメの群れが空中を横切り、
直後ビンビンとアタリの様な感触が・・
よくよく見ると鳥が水面でバタバタともがいていて事態を理解。
ラインの巻きつき方が良かったのか飛び立つ事無く、ゆっくりリールを巻けば水面に浮かんでいるカモメが近づいてくる。

岸に打ち上げると結構大きい、いよいよ直接対決
もっと狂った様に暴れるかと思ったら意外とおとなしく首を掴む
羽毛がフワフワで柔らかかった。

片手にロッド、片手に鳥でまずロッドを置かねばと思っていると
親切なアングラーが近寄って来て声をかけてくれました。

ロッドを持ってもらい羽の辺りにかかった針を外しにかかる
鳥はウェーダーの膝のあたりをつついてましたが、ノーダメージ
無視して作業を進め油断していると手の甲の辺りを一回つつかれる。

グローブの上からでしたが割と痛いです(´;ω;`)
嘴の先が鈎の様になっていて先端に力が集中してラジオペンチでつねられた感じ・・
後で確認するとキズになって血が出ていました。

鳥の方は無事ハリもラインもとれてリリース
リーダーがボロボロに。
手伝ってくれている人もいるのでなるべく早く解決しようと頑張りました。
親切な人に竿持たせといてのんきに写真を撮るって事もできませんでしたね。

あとから聞いた話しだとタオルや袋などかぶせて目隠しすればおとなしくなるとの事。
なるほどーと思いましたが、その時は思いつきませんでした。

カモメを釣った時は充分注意してください
ではでは







にほんブログ村 釣りブログ フラットフィッシュへ
にほんブログ村

ヒラメ釣り ブログランキングへ